所沢市新所沢駅の脂質異常症治療、下富内科

脂質異常症
診療内容
内科
糖尿病
高血圧
脂質異常症
痛風
予防接種
花粉症
お車でお越しの方へ
携帯用サイト
患者の気持ち

脂質異常症とは

脂質異常症は血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多過ぎたり、もしくはHDL(善玉)コレステロールが不足したりする病気です。最近まで高脂血症とも呼ばれていました。
コレステロールは身体に必要な成分ですが、必要以上に増えると血管や組織を傷つけ、血管を狭くしてしまいます。
そのため、脂質異常症を放っておくと、血管が硬くなる動脈硬化が進み、やがて心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす原因にもなりえるのです。

動脈硬化と脂質異常症

動脈硬化になると、動脈の血管が厚く硬くなるってしまうため血管の内側に脂質や細胞などが付着して血管内部が狭くなってしまいます。
放っておくと、血管の内部はどんどん狭くなってゆき、次第に血液の流れが悪くなり、場合によっては完全に血液の流れが止まり、虚血性疾患の心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすことになります。

動脈硬化を促進する要因は多くありますが、中でも脂質異常症は動脈硬化の最大の要因といわれています。

脂質異常症の原因

脂質異常症の主な原因は、食べ過ぎや偏食、飲酒、喫煙、運動不足、肥満、ストレスなどが挙げられます。
動物性脂肪の多い高カロリーの食事は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。
そのため脂質異常症の原因となる生活習慣を改善していくことが大切です。

また生活習慣の改善を行うと、血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化を促進する高血圧や糖尿病、肥満などについても改善が期待されます。

主な脂質異常症の治療方法

  • 食生活の改善
  • 適正体重の維持
  • 運動をする
  • 禁煙をする
  • 薬物療法

中でも特に重要なのが食生活の改善です。
これは適正体重の維持とも深く関わってきます。

脂質異常症の予防

脂質異常症の治療についてでも述べたとおり、血中脂質をコントロールするには食生活を整えることがなにより重要です。
脂質異常症を悪化させない・罹患しないようにするために、普段から食生活において次の6項目を心掛けることが重要になります。

  1. 「栄養バランスのよい食事」を心がける
  2. ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取する
  3. 総摂取エネルギー量を抑え、適正体重を保つ
  4. 飽和脂肪酸(獣肉類の脂肪)よりも不飽和脂肪酸(植物性脂肪や魚の脂)を多く摂る
  5. 中性脂肪が高い方は、砂糖や果物などの糖質とお酒の量を減らす
  6. コレステロール値の高い方は、コレステロールを多く含む食品を控える

食事以外にも、禁煙や適度な運動の導入など、改善すべき生活習慣はあります。
特に喫煙に関しては、動脈硬化だけでなく、肺がんや呼吸器疾患などを引き起こすため控えるようにしましょう。

定期的な健診で脂質異常症の早期発見を心がけましょう

脂質異常症には自覚症状がほとんどありません。
そのため早期発見には定期的な血液検査が非常に重要となります。
脂質異常症は、健康診断の時にする血液検査で発見できますので、積極的に定期健診を受診されることをお勧めします。

医院概要

医院名 下富内科
標榜科目 内科
住所 〒359-0001
埼玉県所沢市下富1266-16

駐車場10台有

電話番号
シモトミ
04-2990-4103
メール ydtbb928@yahoo.co.jp
診療時間
09:00~12:00
14:00~17:00
[休診日] 水曜・日曜・祝日

大きな地図で見る