所沢市新所沢駅の痛風治療|下富内科

痛風
診療内容
内科
糖尿病
高血圧
脂質異常症
痛風
予防接種
花粉症
お車でお越しの方へ
携帯用サイト
患者の気持ち

痛風とは

痛風は、血液中の尿酸が多くなることで、関節が激しく痛む病気です。
尿酸塩(尿酸の結晶)が、関節などにたまり炎症を起こすことで、激しい痛みとなります。
主にプリン体を多く含む食事を摂取しすぎることで、高尿酸血症になり痛風が発症します。
下富内科では痛風の早期発見、治療を行っています。

高尿酸血症について

年齢・性別を問わず、血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。
6.0mg/dlを超え始めたら注意が必要で、7.0~8.0mg/dlになると生活習慣の改善が必要になります。8.0mg/dl以上になりましたら、痛風にならないためにも早期治療を始めることをお勧めします。
硬化を促進する要因は多くありますが、中でも脂質異常症は動脈硬化の最大の要因といわれています。

痛風の原因

痛風の原因は尿酸です。この尿酸の元になるのがプリン体という物質です。
プリン体は、毎日新陳代謝が行われている体の細胞から生成され、食品からも摂取されます。
通常、プリン体が生成されたり摂取したりしても、尿酸に変換された後尿になって排泄されます。
しかし、体内に尿酸が増えすぎると血液中に尿酸が蓄積されてしまいます。
プリン体を多く含む食品を摂取しすぎないように気を付けましょう。

プリン体を多く含む食品

レバー、白子、あんきもは、プリン体が多い食品としてよく挙げられます。
他にもプリン体を多く含む食品としては、カツオ、イワシ、アジ、カニ、エビ、煮干し、干しシイタケ、鰹節などがあります。
また、肉類や酒類には、プリン体が比較的多く含まれているので、これらを好む人は尿酸値が高くなりやすい傾向があります。

痛風の症状

痛風はその病名のように、風が強くなったり穏やかになったりするように、痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すような症状が出ます。
関節が激しく痛むとともに、患部が赤くなる、発熱するといった症状も出てきます。
足の親指の付け根や手の指、ひじ、膝などの足部に発症することが多くなっています。
治療をせずに放置すると、痛風発作を繰り返し悪化していくので、早目の治療を心掛けましょう。

痛風の治療

痛風は、尿酸のコントロールを中心とした治療になります。
食事療法としては、プリン体を多く含む食品の摂取を控え、バランスのとれた食事をとるように指導します。
また食事療法と合わせて、運動によって肥満を解消することも効果的です。
場合によっては、尿酸が体内で生成されるのを抑える薬や、尿酸の排泄を促進する薬などを使用した薬物療法を行います。

普段から酒類やプリン体を多く含む食品の摂取を控え、適切に運動を行うことは、健康的な生活の一歩になると同時に、痛風の予防にも繋がります。

医院概要

医院名 下富内科
標榜科目 内科
住所 〒359-0001
埼玉県所沢市下富1266-16

駐車場10台有

電話番号
シモトミ
04-2990-4103
メール ydtbb928@yahoo.co.jp
診療時間
09:00~12:00
14:00~17:00
[休診日] 水曜・日曜・祝日

大きな地図で見る