新所沢駅の内科、下富内科|風邪、インフルエンザ

内科
診療内容
内科
糖尿病
高血圧
脂質異常症
痛風
予防接種
花粉症
お車でお越しの方へ
携帯用サイト
患者の気持ち

内科診療について

下富内科では、各種内科診療を行います。
風邪やインフルエンザ等の症状はもちろん、糖尿病、高血圧、糖質異常症、痛風等の生活習慣病、肺炎やぜんそくといった呼吸器疾患、便秘・下痢など消化器疾患の診断・治療を行っております。

また、「症状があるのに何科を受診してよいかわからない」といった方のためにプライマリーケアを行っております。日常生活にて体の不調や違和感がございましたら、ちょっとしたことでもご遠慮なくご相談ください。

このような症状のときはお早目にご相談ください

  • 発熱、喉の痛み、咳、喘息のような呼吸(ゼーゼー)
  • 頭痛、胸痛、めまい、いきぐるしい、動悸がする
  • 腹痛、嘔吐、便秘、下痢、背部痛、排尿障害、血尿、関節痛、しびれ
  • 倦怠感(だるさ)、急な体重減少、むくみ
  • 不定愁訴(原因のはっきりしない体の不調)

風邪とインフルエンザの違いについて

風邪とは、特定の病気を指す正式な病名ではなく、異なった病原体が喉や鼻などに取りついて起こるさまざまな症状の総称です。
よく急に体が冷えると、喉や鼻の粘膜が寒さに刺激されてくしゃみが出ます。
この場合、症状はすぐに治まることも多く、熱が出ることもあまりありません。
しかしその結果、粘膜が炎症を起こすと病原体が取りつきやすくなるために、風邪を誘引することになります。

風邪の場合、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、喉の痛みといった局所症状は比較的軽く、普通は3日以内、長くても1週間程度で治まります。また熱はないか、発熱しても37~38℃が一般的です。

対してインフルエンザは、風邪と症状が異なり、喉の強い痛み、咳などの呼吸器の症状とともに、高い発熱、ひどい倦怠感や筋肉痛、関節痛といった全身症状がはっきりとあらわれます。これは、インフルエンザのウイルスの感染によって引き起こされます。
インフルエンザは、通常の風邪よりも伝染力が高いので、流行期(だいたい11月~翌年3月頃)の前に、出来るだけ早めにワクチン接種を受けることお勧めいたします。

インフルエンザのスピード診断機器を導入しております

富士ドライケムIMMUNO AG1

富士ドライケムIMMUNO AG1

当院では、少ないインフルエンザウイルス量でも感度良く検出できる「スピード検査機器」を導入しております。

感染後間もない方で、診断が難しい方にも有用な検査が出来るようになりました。 陽性判定は最短で3.5分(強陽性の場合)、感染初期のウイルスが少ない場合でも15分程で検査結果が出ます。

従来の検査より早い時期に診断が可能となりましたので、重症化する前に早期治療が可能となりました。

当院では検査機器を2台設置しておりますので、インフルエンザの流行時期にもなるべくお待たせしないような体制を整えております。

医院概要

医院名 下富内科
標榜科目 内科
住所 〒359-0001
埼玉県所沢市下富1266-16

駐車場10台有

電話番号
シモトミ
04-2990-4103
メール ydtbb928@yahoo.co.jp
診療時間
09:00~12:00
14:00~17:00
[休診日] 水曜・日曜・祝日

大きな地図で見る