所沢市新所沢駅の花粉症外来|下富内科-アレルギー性鼻炎

花粉症
診療内容
内科
糖尿病
高血圧
脂質異常症
痛風
予防接種
花粉症
お車でお越しの方へ
携帯用サイト
患者の気持ち

花粉症とは

花粉症とは、スギをはじめとするヒノキ、シラカバ、イネ、ブタクサなど植物の花粉が鼻や目の粘膜に触れることで、身体がアレルギー反応を起こす病気です。
アレルギー性鼻炎として、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状、アレルギー性結膜炎として、目のかゆみ・充血・涙目といった症状が出てきます。

日本人の花粉症患者数は、少なく見積もって10人に1人、実際は3~4人に一人であると言われています。その年の花粉の飛散量によって症状の強さが変わったり、人により季節や強く表れる症状が異なります。そのため適切な治療をするためにはアレルギー反応を起こすアレルゲンを特定することが大切です。

花粉の飛散シーズン

「花粉症といえば春」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
もっともメジャーとされるスギの花粉は、春先がピークになります。
ですが、花粉症の原因は植物の花粉のため、植物の繁殖期によって春がピークの花粉(スギ、ヒノキ、シラカバなど)と秋がピークの花粉(イネ、ブタクサ、ヨモギなど)があります。
また、地域によって、飛散量や飛散時期には差がありますので「花粉症かも」と感じましたら季節外でも検査されることをお勧めします。

花粉症の症状

花粉症と言えば、鼻や目の症状が思い浮かぶと思います。
しかし、花粉症は鼻や目だけではなく、全身の様々な所に症状がでることがあります。
口が渇く、味覚障害、口内炎 痛み、かゆみ、咳や痰、かすれ声
かゆみ、聞こえにくい 胃腸 食欲低下、胃もたれ、下痢
皮膚 顔や首が赤くなる、かゆみ 頭痛、頭が重たくなる、頭がぼーっとする
その他 全身倦怠感(だるさ)、発熱 等    

また、気管支炎やアトピー皮膚炎など、他にもアレルギー疾患を持っていると、症状が改善しにくい場合があります。
主治医と相談しながら、症状をコントロールして花粉のシーズンを乗り切りましょう。

悪化する前に初期治療を始めましょう

花粉症の症状が悪化してから治療を始めても、薬が効きづらいため、症状もなかなか改善しません。昨今では、花粉が飛散する2~3週間前から薬物による治療をする初期治療が推奨されています。
症状が出る前に花粉症治療を始めていると以下のようなメリットが期待されます。

  1. 発症の時期を遅らせることが可能
  2. 症状を軽くすることが可能
  3. 症状がみられる期間を短くすることが可能
  4. 薬剤の使用を少なくすることが可能
花粉症でお悩みの方は、花粉の飛散シーズンが来るより前にお早目にご相談頂下さい。

医院概要

医院名 下富内科
標榜科目 内科
住所 〒359-0001
埼玉県所沢市下富1266-16

駐車場10台有

電話番号
シモトミ
04-2990-4103
メール ydtbb928@yahoo.co.jp
診療時間
09:00~12:00
14:00~17:00
[休診日] 水曜・日曜・祝日

大きな地図で見る